宮岡法律事務所

中央区の弁護士事務所として守秘義務を厳守する手厚いサポート環境を整備して対応

お問い合わせはこちら

中央区の弁護士・宮岡法律事務所の口コミ情報

お客様の立場に立って丁寧にサポートいたします

中央区の弁護士・宮岡法律事務所の口コミ情報

ベテランの弁護士事務所として、守秘義務を厳守する手厚いサポート環境を整備し、どのような条件を含む案件に対しても誠心誠意ご対応いたします。相続相談に対しては、トラブル回避のためにも可能な限り早めの対応をおすすめしており、遺産管理のプロとして専門知識・スキルを手厚くご指導いたします。また、残業代の請求などの各種労働問題の対応や、交通事故後の細かな段取りなどに対しても、お客様の立場に立って丁寧にサポートいたします。


法律のプロとして可能な限り早めの相続対応をご指導します

相続対応に特化した弁護士として、遺産整理・財産分与にまつわる様々なご相談に広く対応しています。何でも気軽にお問い合わせいただける「街の相続の相談役」として、一都三県(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)の皆様が悩んでいる相続問題の解決に、誠心誠意向き合ってまいります。遺言書作成・遺言執行・遺言無効などの遺言書関係や、遺産分割・遺留分減殺請求・寄与分請求など、お客様の条件に合わせて臨機応変に対応してまいります。
遺言書作成は法で定めた条件・基準に則っていることで、初めて公的に効力を持ち得ます。法務のエキスパートとして、そうした基本的な専門情報をお客様の立場に立って分かりやすく解説してまいります。また条件が整っているお客様に対しては、同じ生前対策として生前贈与についてもご案内してまいります。相続対応は可能な限り早めに着手するのが鉄則ですので、法律のプロとして手堅くご指導してまいります。

労働問題に特化した弁護士として残業代の請求も手堅く支援

「毎日2~3時間のサービス残業をしている」「どうにか残業代を請求したいので、弁護士に相談したい」「管理職であることを理由に、残業代を支払ってもらえない」「年俸制なので残業代は出ないと言われた」「元社員から残業代請求をされて、紛争に発展してしまったため弁護士を探している」など、請求する側・される側に限らず、残業代の請求についてお悩みをお抱えの場合は一度担当スタッフまでご相談いただければ、具体的な例を挙げながら分かりやすく丁寧にアドバイスしてまいります。
「手が空いたときに対処しよう」などと安易に考え、対応を後回しにしているようであれば、残業代を請求できるのは過去2年間の期限があるため、注意が必要です。また、残業代を請求する際に、タイムカード・PCのログ・業務日報・タコグラフなどの証拠が必要になります。労働問題に特化した弁護士として、そのような証拠集めから手堅くサポートいたします。

交通事故後の細かな対応の段取りを丁寧にご説明いたします

交通事故に遭遇した際は、最優先事項として早急に警察に事故の届け出を行います。届け出の後に事故の実況見分が施行され、原因・状況などの交通事故の全容が記録されます。この時点で要点になるのが、事故自体が人身事故になるのか、物件事故になるのかという判別です。事故の当事者が怪我を負っているのであれば人身事故として、怪我人がなく破損や紛失のみで済んでいるのであれば物件事故として判別されます。
人身事故として扱われる場合は警察の人身事故証明書がないと、後日、後遺障害の認定を申請できないので注意が必要です。事故の当事者同士の不注意の度合いを示す「過失割合」は慰謝料の金額の直接の基準になりますが、過失割合は警察が評定するのではなく、担当の保険会社が過去の裁判例を参考にして評定するものですので、警察の人身事故証明書には明記されていません。こうした細かな情報も丁寧にご説明してまいります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。